JOHNLAWRENCESULLIVAN

@johnlawrencesullivan_official

Posts
2,276
Followers
130k
Following
2
. SPRING & SUMMER 2025 COLLECTION “DUALITY” For the 2025 Spring/Summer collection, Arashi Yanagawa, designer of JOHN LAWRENCE SULLIVAN, was drawn to the immense beauty of rare creatures, the kind which are regarded as taboo by society and their existence hidden. In contrast to the previous season’s “stacking,” this season’s theme is “docking,” boldly illustrating the duality seen in personalities and garments. The tailored jacket, the core of the brand, is a sophisticated design with the collars of a single-buttoned jacket attached to a double-buttoned jacket from the shoulder lines, giving the appearance of layering two jackets. Other jackets also propose a new way of docking: balmacaan + trench coat, single + double biker jacket, MA-1 + L-2B flight jacket. The structure of aggregating details of multiple garments into one symbolizes this collection’s core theme of duality. Various docking designs are iterated in shirts, knitwear, tops, t-shirts, and tank tops, combining long and short sleeves, and round and V necks into one piece. Duality can be seen in pants too, such as double-front-zipped jeans and leather pants, and two different sizes design of wide pants. In the women’s collection, sequins, crushed velvet, lace, and other enchanting materials are mixed with underwear and corsets, emphasizing JLS-like fetishism. 一般社会がタブーと断定し、その存在自体にすら蓋をしてしまうような希少なクリーチャーたちに強靭な美を見出し、2025年春夏コレクションの出発点としたJOHN LAWRENCE SULLIVAN・柳川荒士。先シーズンに発表した「スタッキング」から一転、今シーズンは「ドッキング」をふんだんに取り入れ、人格や服に潜む多面性を大胆に表現しています。 ブランドの核となるテイラードジャケットは、ベースとなるダブルボタンジャケットの肩線から、外側のシングルボタンジャケットのラペルが取り付けられ、2枚のジャケットをレイヤードしているように見える複雑な構造の一着。同様の手法で制作されたステンカラー+トレンチコート、シングル+ダブルのバイカージャケット、MA-1+L-2Bジャケットなど、ドッキングの新しい在り方を提案しています。一着の服に、複数の服のディテールが集約されたその構造こそ、多面性を根幹とする本コレクションを象徴するプロダクトの一つです。 シャツ、ニット、カットソー、Tシャツ、タンクトップなどでも、ありとあらゆるドッキングデザインが反復され、長袖と半袖、ラウンドネックとVネックといった複数の着用方法が一着に内在しています。フロントジップが二つ搭載されたジーンズやカーフレザーパンツ、左右で太さの異なるトラウザーズなど、ボトムスでも二面性、多面性を徹底的に表現。ウィメンズでは、スパンコール、クラッシュベルベット、レースといった妖艶な素材感に、アンダーウェアやコルセットなどといった要素を絡めていき、JLSらしいフェティッシュな雰囲気をプラス。 Photographer: @kodaiphoto Hair: @hayatemaeda Make-up: @udashi #johnlawrencesullivan
135 0
7 days ago
AW2025 collection featured in CLASH Magazine. Talent: @teezotouchdown Publication: @clashmagazine Photographer: @director.of.doom Stylist: @iammattking #johnlawrencesullivan #clashmagazine
82 1
4 days ago
. Printed shirt from SS2024 collection featured in Fucking Young! Magazine. Photographer @michielmeewis Stylist @millermode Hair @christoskallaniotis Prop stylist @pops_rizzle #johnlawrencesullivan #fuckingyoungmagazine
239 0
11 days ago
. Coucou Chloe in striped suit from SS2024 collection in Behind The Brinds Magazine. Interview by @gabylolos Photography by Daniele Fummo @daniele_fummo Fashion by Steven Huang @_stevenhuang EIC Michael Marson @badmickey Casting by Imagemachine Cs @imagemachine_cs #johnlawrencesullivan #coucouchloe #behindtheblindsmagazine
146 4
11 days ago
. SS2024 collection featured in ROLLACOASTER Magazine. Photography by @nicolengai_ Styling by @suzwalsh_ Interview and words by @tibbitsben Editorial Director @charlottejmorton Editor-in-Chief @ellaxwest Creative Director @jeffreythomson Art Director @harry_conor Assistant Art Director @beth1owri Production Director @bencrankbencrank Production Assistant Lola Randall Makeup by @facesbyindia_ Hair by kjfowles at @regisuk using @colorwow @dysonhair @livingproofuk @ghdhair #johnlawrencesullivan #rollacoastermagazine
129 1
11 days ago
Heel oxford shoes from AW2024 collection. #johnlawrencesullivan
177 0
13 days ago
Mina Galan wears JOHN LAWRENCE SULLIVAN in theirs Magazine. #johnlawrencesullivan
120 1
19 days ago
. Matthew Needham in 2024SS collection featured on Behind The Blinds Magazine. Interview by @pedromvasconcelos Photography by Austn Fischer @austnfischer Fashion by Steven Huang @_stevenhuang EIC Michael Marson @badmickey Casting by Imagemachine Cs @imagemachine_cs Grooming by Nohelia Reyes @nohelia.reyes Set Design by Hannah Knowles @hannahknowlesstudio Movement direction by Liam Hill @liam_jhill Stylist’s assistant Damini Rehal @damini_creative _ #BehindTheBlindsMagazine #MatthewNeedham #CrazyLoveIssue #btb16
113 2
23 days ago
Tom Taylor in 2024AW collection featured on Behind The Blinds Magzine. Interview by @kate_lawson Photography by @davidvail_ Fashion by @_stevenhuang Casting by @imagemachine_cs EIC Michael Marson @badmickey Groomer by @knightjosh Photographer’s assistant @emmetbanahan Stylist’s @damini.rehal #tomtaylor #behindtheblindsmagazine
143 1
23 days ago
. “DUALITY” 一般社会がタブーと断定し、その存在自体にすら蓋をしてしまうような希少なクリーチャーたちに強靭な美を見出し、2025年春夏コレクションの出発点としたJOHN LAWRENCE SULLIVAN・柳川荒士。先シーズンに発表した「スタッキング」から一転、今シーズンは「ドッキング」をふんだんに取り入れ、人格や服に潜む多面性を大胆に表現しています。 ブランドの核となるテイラードジャケットは、ベースとなるダブルボタンジャケットの肩線から、外側のシングルボタンジャケットのラペルが取り付けられ、2枚のジャケットをレイヤードしているように見える複雑な構造の一着。同様の手法で制作されたステンカラー+トレンチコート、シングル+ダブルのバイカージャケット、MA-1+L-2Bジャケットなど、ドッキングの新しい在り方を提案しています。一着の服に、複数の服のディテールが集約されたその構造こそ、多面性を根幹とする本コレクションを象徴するプロダクトの一つです。 シャツ、ニット、カットソー、Tシャツ、タンクトップなどでも、ありとあらゆるドッキングデザインが反復され、長袖と半袖、ラウンドネックとVネックといった複数の着用方法が一着に内在しています。フロントジップが二つ搭載されたジーンズやカーフレザーパンツ、左右で太さの異なるトラウザーズなど、ボトムスでも二面性、多面性を徹底的に表現。ウィメンズでは、スパンコール、クラッシュベルベット、レースといった妖艶な素材感に、アンダーウェアやコルセットなどといった要素を絡めていき、JLSらしいフェティッシュな雰囲気をプラス。 AHONEN & LAMBERGは蛇柄のグラフィック、YOSHiKO CREATiONは“目“のピアスや細胞分裂を想起させるようなネックレスなど、レギュラーコラボレーターたちもまたコレクション表現により強さをもたらしています。 Photographer: @kodaiphoto Hair: @hayatemaeda Make-up: @udashi #johnlawrencesullivan
205 0
27 days ago
. “DUALITY” For the 2025 Spring/Summer collection, Arashi Yanagawa, designer of JOHN LAWRENCE SULLIVAN, was drawn to the immense beauty of rare creatures, the kind which are regarded as taboo by society and their existence hidden. In contrast to the previous season’s “stacking,” this season’s theme is “docking,” boldly illustrating the duality seen in personalities and garments. The tailored jacket, the core of the brand, is a sophisticated design with the collars of a single-buttoned jacket attached to a double-buttoned jacket from the shoulder lines, giving the appearance of layering two jackets. Other jackets also propose a new way of docking: balmacaan + trench coat, single + double biker jacket, MA-1 + L-2B flight jacket. The structure of aggregating details of multiple garments into one symbolizes this collection’s core theme of duality. Various docking designs are iterated in shirts, knitwear, tops, t-shirts, and tank tops, combining long and short sleeves, and round and V necks into one piece. Duality can be seen in pants too, such as double-front-zipped jeans and leather pants, and two different sizes design of wide pants. In the women’s collection, sequins, crushed velvet, lace, and other enchanting materials are mixed with underwear and corsets, emphasizing JLS-like fetishism. Regular collaborators of the brand, AHONEN & LAMBERG with serpentine graphics, and YOSHiKO CREATiON with “eye” earrings and mitosis-like necklaces, add strength to the collection. Photographer: @kodaiphoto Hair: @hayatemaeda Make-up: @udashi #johnlawrencesullivan
160 0
27 days ago
. “DUALITY” 一般社会がタブーと断定し、その存在自体にすら蓋をしてしまうような希少なクリーチャーたちに強靭な美を見出し、2025年春夏コレクションの出発点としたJOHN LAWRENCE SULLIVAN・柳川荒士。先シーズンに発表した「スタッキング」から一転、今シーズンは「ドッキング」をふんだんに取り入れ、人格や服に潜む多面性を大胆に表現しています。 ブランドの核となるテイラードジャケットは、ベースとなるダブルボタンジャケットの肩線から、外側のシングルボタンジャケットのラペルが取り付けられ、2枚のジャケットをレイヤードしているように見える複雑な構造の一着。同様の手法で制作されたステンカラー+トレンチコート、シングル+ダブルのバイカージャケット、MA-1+L-2Bジャケットなど、ドッキングの新しい在り方を提案しています。一着の服に、複数の服のディテールが集約されたその構造こそ、多面性を根幹とする本コレクションを象徴するプロダクトの一つです。 シャツ、ニット、カットソー、Tシャツ、タンクトップなどでも、ありとあらゆるドッキングデザインが反復され、長袖と半袖、ラウンドネックとVネックといった複数の着用方法が一着に内在しています。フロントジップが二つ搭載されたジーンズやカーフレザーパンツ、左右で太さの異なるトラウザーズなど、ボトムスでも二面性、多面性を徹底的に表現。ウィメンズでは、スパンコール、クラッシュベルベット、レースといった妖艶な素材感に、アンダーウェアやコルセットなどといった要素を絡めていき、JLSらしいフェティッシュな雰囲気をプラス。 AHONEN & LAMBERGは蛇柄のグラフィック、YOSHiKO CREATiONは“目“のピアスや細胞分裂を想起させるようなネックレスなど、レギュラーコラボレーターたちもまたコレクション表現により強さをもたらしています。 Photographer: @kodaiphoto Hair: @hayatemaeda Make-up: @udashi #johnlawrencesullivan
107 0
27 days ago